風水吉方位と瞑眩(めんげん)現象

スピリチュアル

「ふう、ふう、ふっふっ、ふっふっー」

だんだん息遣いが荒くなってくる。

と、そのうちに激しいめまいが私を襲った。

「はうあ・・誰かー!」

いまから20年前。

私は運命を改善するための吉方位をとるため、とある山中に出かけたのですが山道を歩いているうちに、だんだん気分が悪くなってきたのです。

頭がクラクラして来た私は、苦しさのあまりその場に、へたりこんで、じっとしているより他ありませんでした・・・。

しかし、

「そうか!これが瞑眩(めんげん)というものか」

気分の悪さをしばらくじっとガマンしていた私は、やがて・・・

それが吉方位をとったことによる瞑眩(めんげん)現象と呼ばれる好転反応であることに気がついたのです。

瞑眩(めんげん)とは東洋医学の用語で好転反応の意味ですが、開運方位術である奇門遁甲(きもんとんこう)でも使うことがあります。

開運方位学で瞑眩(めんげん)という場合は、吉方位で運命を変えたため一時的に運勢が悪くなったり、体調不良が起こることをいいます。

また、占い師のところに行った人が、魂を抜けれたような気分になったり、帰宅後に頭痛になることがありますが、これなどもカルマ(運命)を変化させたために起る、一種の瞑眩(めんげん)作用といえるでしょう。(注意:ただし悪魔系の占い師の場合、本当に魂を抜かれたり、運気を吸い取られるので気をつけてください。)

瞑眩(めんげん)は、尾籠(びろう)な喩(たとえ)ですが下痢をしている最中は苦しい状況ですが、排泄後しばらく経つとスッキリするのに似ています。

つまり瞑眩(めんげん)のとき、その人の過去の悪業(カルマ)が洗い出されているのです。

吉方位に出かけて起きた体調不良が瞑眩(めんげん)だと、わかれば頭痛の薬を飲む必要もありません。

私はいままで、気学や奇門遁甲その他の秘伝で何度か吉方位をとりましたが、

本当の吉方位を取ったときほど、瞑眩(めんげん)現象が起きて奇霊(くしみたま)までも活性化されたように思います。

易経に「陰極まって陽になる」とあるように、本当に良くなる前には一時的に現象的に悪いことが起きてくるものなのでしょう。

いまは、世界的な規模で大型台風など異常気象や地震が相次いで発生していますが、このような苦しい状況は、

今後の世界が善くなるための瞑眩(めんげん)現象(悪業の洗い出し)と考えれば、あまり悲観的に考える必要はないかもしれません。

古代中国から連綿と受け継がれた開運方位学のルーツ「風水」は先祖供養につながる陰宅風水と宿命転換を教える陽宅風水から成り立っております。

このことから、わかるように先祖供養や宿命転換は、仏教のような宗教に限った教えではありません。

陰宅風水、陽宅風水は車の両輪の如く、両方実践してはじめて効果が得られるものです。

ただし正しい方法、正しい順序で行わなければ、正しい結果を得ることはできませんので、真の開運を願う方は、風水に精通した師に依頼する必要があります。

わたくし沙羅天秋の事務所では、お悩みのご相談、鑑定ご依頼の前に、お問合わせフォームより、ご相談頂いた方に無料でご対応させて頂いております。

ご興味のある方は、このブログのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

本日のお話はこれで終わります。

合掌

↓よろしければポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました