般若心経の功徳

スピリチュアル

魔訶般若波羅蜜多心経 全文

魔訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄

舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色

受想行識亦復如是

舎利子是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減

是故空中 無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法

無眼界乃至 無意識界 無無明亦無無明尽

乃至無老死 亦無老死尽

無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多

故心無罣礙 無罣礙 故無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃三世諸仏

依般若波羅蜜多 故得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多

是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪

能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多 呪即説呪曰

羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶

般若心経

般若心経の読み方

ぶっせつ まか はんにゃはらみたしんぎょう

以下をリピートします。

(理想は7回、出勤前は3回くらい)

かんじーざいぼーさー ぎょーじん

はんにゃーはーらーみーたーじ

しょーけん ごーうんかいくう どーいっさいくーやく

しゃーりしー しきふーいーくう くーふーいーしき

しきそくぜーくー くーそく ぜーしき

じゅーそー ぎょーしき やくぶーにょーぜー

しゃーりーしー ぜーしょーほーくーそー

ふーしょー ふーめつ

ふーくー ふーじょー

ふーぞー ふーげん

ぜーこーくーちゅー

むーしき むーじゅーそーぎょーしき

むーげんにーびーぜつしんいー

むーしき しょーこーみーそくほー

むーげんかい ないしーむーい-しきかい

むーむーみょーやく むーむーみょーじん

ないしーむーろーしー やくむーろーしーじん

むーくーしゅーめつどう

むーちーやく むーとく いーむーしょーとっこー

ぼーだいさったー えーはんにゃー はーらーみーたー

こーしん むーけいげーむーけいげーこ

むーうーくーふ おんりー いっさい てんどーむーそー

くーきょーねーはん さんぜーしょーぶつ

えーはんにゃーはーらーみーたー

こーとくあーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい

こーちーはんにゃーはーらーみーたー

しゅーそくせつ しゅーわつ

ぎゃーてー ぎゃーてー はーらーぎゃーてー

はらそーぎゃーてー ぼーじーそーわか はんにゃーしんぎょう

般若心経の和訳

現代語訳
[玄奘訳 般若心経から和訳(サンスクリットからではない)]

観音菩薩が、

深遠なる「智慧の波羅蜜」を行じていた時、〔命ある者の構成要素たる〕五蘊はすべて〔いかなる本質、実体をも〕欠いている[1]と明らかに見て、すべての苦しみと災い〔という河〕を渡り切った。

「シャーリプトラよ、

色(肉体)と〔実体を〕欠く〔というあり方〕とは異ならない。〔また、実体を〕欠く〔というあり方〕と色とは異ならない。

色は〔実体を〕欠いている。〔また、実体を〕欠いている〔ものこそ〕が色である。

受(感覚を感じる働き)、想(概念)、行(意志)、識(認識する働き)もまた同様である。

シャーリプトラよ、

すべての現象(一切法)は〔実体を〕欠いていることを特徴とするものであるから、

生じることなく、滅することなく

汚れることなく、汚れがなくなることなく

増えることなく、減ることもない。

ゆえに「(実体を)欠くということ」の中には、

色は無く、受、想、行、識も無い

眼、耳、鼻、舌、身、意も無く、

色、声、香、味、触、法も無い

眼で見られた世界(眼界)も無く、意識で想われた世界(意識界)も無い

無明も無く、無明の滅尽も無い

“老いと死”も無く、”老いと死”の滅尽も無い

「これが苦しみである」という真理(苦諦)も無い

「これが苦しみの集起である」という真理(集諦)も無い

「これが苦しみの滅である」という真理(滅諦)も無い

「これが苦しみの滅へ向かう道である」という真理(道諦)も無い

知ることも無く、得ることも無い

もともと得られるべきものは何も無いからである

菩薩たちは、「智慧の波羅蜜」に依拠しているがゆえに

心にこだわりが無い

こだわりが無いゆえに、恐れも無く

転倒した認識によって世界を見ることから遠く離れている。

過去、現在、未来(三世)の仏たちも「智慧の波羅蜜」に依拠するがゆえに

完全なる悟りを得るのだ。

それゆえ、この「智慧の波羅蜜」こそは

偉大なる呪文であり、

偉大なる明智[2]の呪文であり、

超えるものなき呪文であり、

並ぶものなき呪文であり、

すべての苦しみを除く。

〔なぜなら〕真実であり、偽りなきものだからである。

〔さて、〕「智慧の波羅蜜」という呪文を説こう、

すなわち呪文に説いて言う:

“ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー”

(往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ、彼岸に正しく往ける者よ、 菩提よ、ささげ物を受け取り給え)

〔以上が〕般若心経〔である〕。

出典:ウィキペディア 摩訶般若波羅蜜多心経

般若心経 天秋の意訳

この般若心経を私なりに解釈しました。

魔訶般若波羅蜜多心経は

私の解釈では、

魔訶(とても大きい、宇宙的スケール)

般若(すべてを見通す智慧)における

波羅蜜多(最高)

心(心臓、ハート)のお経

ということで

「大般若という長文の経典のエッセンスだよ」

という意味でいいかな(笑)


魔訶般若波羅蜜多心経  意訳:沙羅天秋

宇宙の大生命の働きと一体になれる宝もののような経典

観自在菩薩(観音さま)が智慧の瞑想を深めたとき超意識の世界で

この世に存在する、あらゆるものは「空」であると悟られました。

観音さまは、慈悲の心で一切の衆生が救われることを願い

釈迦の弟子

シャーリプトラに、読んだだけでも生命が強くなるという

智慧の真言(マントラ)の教えを解説されました。

シャーリプトラよ

私(観音)は瞑想(くしみたま)で宇宙のすべてを見通したが
結局のところすべての物質は実体のない「空」という状態であった。

つまり何ものにもとらわれない「空」という状態こそ、宇宙大生命の本質と言える。

したがって人の肉体及び感覚器官である受(感受作用)、想(想念)、行(認識)、識(識別)もすべて、これという実体のない「空」の状態であるから

実体が無いものを、生じたものとか、滅したものと決めつけることは出来ないし、

実体が無いものを、汚れているとか、清らかであると決めつけることもできない。

無限なる宇宙大生命に固定的な実体はない。

だから人の感覚器官(色・受・想・行・識)も実体は無い。

人の身体も固定的な実体は無く、心の働きも実体は無い。

意識、無意識も実体は無い。

煩悩も実体が無いから、煩悩が尽きることも無い。

釈尊の苦集滅道という悟りでさえ実体はない。

空の世界には仏の説く智慧も無い、

悟りは無く、悟りがないことも無い。

衆生を救おうとする菩薩は、このように自由自在の境地にいる。

偏った見方がないので「疑い」で心が乱されることも無い。

衆生を救うことができる菩薩は、瞑想による洞察力で、

この世に恐いものは何ひとつ無いし、

悪魔が人間を欲望の虜にするために

仕掛けてくる迷いや幻想から遠ざかる。

過去、現在、未来のすべての仏(ほとけ)は

偉大な智慧の真言(マントラ)によって

執着から逃れ自由な仏陀の境地にいる。

この仏陀の悟りに至る智慧の真言こそ、

まことに偉大な真言であり、

最高の真言、他に比類なき真言といえる。

衆生の一切の苦しみを取り除く真実であるから、嘘ではない。

だからシャーリプトラよ!

あなたが衆生を救うために菩薩になるというなら

私は、あなたに偉大なる智慧、

すなわち仏陀の悟りに至る真言(マントラ)を授けましょう。

それは、次のように唱えます。

ギャーテー ギャーテー ハーラーギャーテー ハラソーギャーテー ボージー ソーワカ

往けるものよ 往けるものよ 彼岸に往けるものよ 彼岸に正しく往けるものよ 悟りよ 幸いあれ!

苦しみから救われよう 悪魔の世界から逃れよう 悟りを得たなら自由になれる

正しい悟りを得た者は救われる 成仏陀の悟り、

神仏の力よ顕現したまえ!

ソワカとは

ソワカは、サンスクリット語の「スヴァーハー」のことでヨガ行者が護摩行(火をたく行)で神仏への供物を火中に投じるときに唱えることになっている言葉なので、本来は「供物を受け取ってください」という意味になります。

般若心経は無心になって読みましょう

このお経は読むことそれ自体に人を「成仏させる力」があるので

初心の方は、私が書いた記事のように意味を解釈しようとしなくて大丈夫です。

お経は邪念を捨て(欲望を離れ)無心になって、真心(まごころ)で、お唱えするところに神仏(宇宙の大生命)の感応(かんのう)してお導きが、ございます。

般若心経は神通力を授ける

般若心経の正式名称は

「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」で

題名を意訳すると

悟りに到る偉大な智慧心臓(本質、真言)」

と、言う意味の仏教の経典です。

子供向け意訳はこちら

弘法大師空海が開いた真言宗すなわち真言密教の経典なので日本の浄土宗などではあまり使われません。

タイトル含めて276文字からなる仏教のお経のなかでも、とりわけ短いお経です。

真言宗では「心経」といえばこの般若心経のことをいいます。

空海の般若心経秘鍵

平安時代の日本に密教を伝えた弘法大師空海ご自身「般若心経秘鍵」という著作でもし行者が般若心経を

「修習、思惟すれば、則ち道を得、通を起す」と、説いておられます。

つまり心経を読んだり意味を理解しようと努力するとそれがもと(原因)になって

この世の苦しみを逃れ神通力を得ることができる(結果)

と、説いておられるのです。

この神通力は仏教では六神通と申しまして次の6種類の能力のことを言います。

1.神足通(しんそくつう)

自分が願う所に自由自在に行くことができる力。スーパーマンのように空を飛ぶ力の意味で使われることが多いようです。

2、天耳通(てんにつう)

この世界のどのような音でも聴くことができる力で「超音波」のように人間の耳では聴くことがむづかしい音さえ聴くことできるという意味で使われることが多いです。

ただし私の場合は現実的な解釈をしてこの天耳通を情報力が飛躍的に向上するという意味で捉えてます。

3.他心通(たしんつう)

他人の心の中がわかる通力です。私は思念の力すなわちテレパシーの類もこれに入ると思います。

4.宿命通(しゅくみょうつう)

前世を知ることができるという意味で使われますが、私は運命全体を見る力をいっていると思います。

5.天眼通(てんがんつう)

この世の一切を見通す力。遠隔透視力もこれに入るでしょう。

6.漏尽通(ろじんつう)

人間の心から漏れでる煩悩を滅し尽くす力で、仏教の修行でしか獲得できない力とされています。

この力を獲得すると仏陀が自分は仏陀であると確信をもって説いたように、自分が仏になった自覚を持つことができるようになります。

さて空海は「般若心経秘鍵」で心経を修行すると以上のような神通力が身につくと断言しておられるのですが

現代人からすれば、そんなことがあるものかと耳を疑ってしまうようなお言葉です。

仏教では嘘も方便というくらいだから、これも心経の功徳を大げさに言っているにちがいない。そのよう感じる方もおられるでしょう。

しかし仏教ではどのような宗派も戒律で嘘を禁じております。

ですので空海のような偉大な僧侶が、わざわざ信用を失墜するような嘘言をいうとは到底思えません。そこで今一度、様々な文献を調べて行くうち

「潜在意識」を解説した専門書に実際にこの神通力のような神秘的な体験をした例が数多くあったのです。

これらの潜在意識を解説した専門書には、前世の記憶を持つ子供の話や遠隔地にいる息子に危険が迫っていることを予知して息子を救った母親の話や、

不治の病が治ったり、商売がうまくいった話など数多くの実例が紹介されていおります。

実は、このような不思議な体験は、昔から数えきれないくらいあったのです。

ただ学問的、科学的に説明がつかない現象であったために宗教である仏教や、キリスト教では神仏の奇跡のおかげということにしたわけです。

空海は先に述べた「般若心経秘鍵」で般若心経には仏教の様々なエッセンスが凝縮されているお経だから、

「ものすごいパワーがある」ということを、仏教の知識で論理的に解説しています。

天秋が授かった功徳

私が育った家は、先祖が真言宗だったせいか、子供のときから不思議と空海に惹かれるものがあり、金岡秀友という仏教学者の方が書いた「密教がわかる本」という本をよく読んでおりました。

その影響から般若心経を毎日読誦(どくじゅ)するようになりました。

当時はちょうど易占いの勉強をしていたこともありこの般若心経のおかげで、さっそくインスピレーションが強くなり近未来を予知する力を獲得しました。

またこのころから、自然と私のもとに、運命学や方位学の高度な知識が集まるようになり

さらにある高名な神道家から鎮魂法を伝授して頂くことができました。

さて私の一生に起きてきたこれらの現象をいま改めて思い返すとたしかに、弘法大師、空海が「般若心経秘鍵」で説かれたように

般若心経を修習したことにより人生に神通力が発揮されてきたと思わざるをえません。

ただこれは私が特別に素質があったということではなく、私以外にも般若心経をあげている人は大勢おられるので、その方たちも境遇に応じて何らかのかたちで般若心経の恩恵や功徳を頂いておられることと思います。

般若心経の読誦(音読)で健康に向かう

「般若心経」は誰でも知っているような身近なお経ですが、このお経には本当に物凄い霊力があります。

まだ般若心経をあげたことがない方でカラダが疲れやすい、だるい、身体の歪みによる神経痛などの症状を感じている方は、騙されたと思って心経を仏壇の前や信仰しているお寺の方角に向かって
あげて(唱えて)みてください。

「え?」と思うことが必ずあるはずです。

平安時代に日本に空海は真言宗を開きましたが、この「真言」という言葉はサンスクリットという古代インド語でマントラ(文字・言葉)といいます。

日本の神道では言霊といわれますが要するにコトバには霊力が宿っているという真理のことです。

最近の実験では水に「ありがとう」という言葉を聞かせると水の分子の配列が揃って美しくなるということが知られています。

これは神道的に解釈するとありがとうという言葉に宿っている言霊の力によるものだと言えますが、宗教が嫌いな人もいるので「波動」とか「バイブレーション」を調整するというように表現する人もおります。

【おまけ】齋藤一人氏の天国言葉とは

歴代の高額納税者のなかで日本一になった斉藤一人という方は、一日49回以上言うと不思議と人生よくなる言葉を「天国言葉」と言って次のように教えています。

ついてる、感謝してます、しあわせ、

ありがとう、ゆるします

齊藤一人さんは商いをやっていて何かいやなことが起きるとすぐに「俺はついてるんだ!」と何度も自分に言いきかせて、いつのまにか大金持ちになってしまいました。

今何か悩んでいる方、行き詰まりを感じている方は、毎日の生活の中にできるだけ「般若心経」や「天国言葉」を取り入れていくように心がけると

人生が明るい方に変わっていくことを実感できる時が来るでしょう。

参考:仮名つきの般若心経

こちらの心経は仮名つきで初心者でも読みやすいです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました