夢占いの神秘

きょうもご訪問ありがとうございます。

きょうのお題は「夢占い」です。

あなたは、昨晩どんな夢を見ましたか?

えっ!ぐっすり眠れたから、何も見なかった?

快眠ということで、それはそれで結構なことです。

ところで最近は、寝ているときに

自分の好きな夢を見たいという人も

多くなっているようで好きな夢を見る方法を

探している人もけっこう多いみたいですね。

今回は夢占いの話なので、好きな夢を見る
というよりは

夢の中で何かを知らされる話、

昔から、夢のお告げなどと呼ばれたりする
する夢のことです。

実は夢のお告げの話は大昔からたくさんあります。

眠っているときでも私たちの潜在意識は活発に
働いていて、未来のことも敏感に感じ取り、

それを私たちにイメージとして見せてくれます。

たとえばすご~く楽しい夢は何か楽しいことが
起きる前兆ですし、

反対に嫌な感じの夢は現実世界での不吉を知らせる
警告のサインであったりします。

市販の夢占いの本には

夢に出てくるシンボルや事象を解説したものが、
たくさんあります。

それらの本を参考にするのもいいですが、

自分がみた夢の意味をあえて自分で深く考えてみると、
意外な発見があるかもしれません。

その際のポイントは、

夢に出てきたあるモノが自分にとって何を意味
するかというところに注意して考えてみてください。

たとえば夢に「猫」がでてきた場合、

「猫」に対して持っているイメージはひとに
より千差万別なので、

猫好きにとっては良い夢になりますが、

猫が大嫌いな人にとっては、いやなことが起きる
前の警告をあらわしているという意味になります。

夢占いの本に書いてあるシンボルは集合的な無意識
に関するものが多くある程度は参考になりますが、、

必ずしも個人の見た夢の意味をすべてにおいて正しく
解説しているとはいえません。

ですから夢を自分なりに解釈してみることも
大事なんだということを知っておいたほうが
よいでしょう。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました