名づけと四柱推命の関係について

未分類

ご訪問ありがとうございます。

さて、きょうは名づけと四柱推命の関係について、少しお話をします。

ただし、最初にお断りしておきますが、これから述べることはあくまでも、わたしの見解なのでその点をご了承ください。

では、

まず名づけについてですが、名づけに使うところの姓名判断は大きくわけると二つの見方があります。

一つ目は人間の運勢を陰陽五行哲学によって導き出す方法・・・すなわち、

文字の画数の組み合わせを五行でみていくやり方のことです。

ここで注意したいのが市販の本では文字の画数の
吉、凶の意味が強調されていますが、

現実に<u>重要なのは五行の組み合わせの方</u>なんです。

例えば大金持ち作家の

赤川次郎さんは

苗字も名前も総画数もすべてそれのみでは凶数ですが、

五行の組み合わせが、とても良いので吉名になります。

そして実際に大成功しておられます。

名づけのもうひとつの見方は、

文字の霊導を見る方法です。

これは文字そのもに霊力があるので、それを勘案して
つける方法です。

これは私のとこの秘伝なので詳しく説明できない
のが残念ですが、こういう方法もあるということ
で記述しました。

次に四柱推命についてですが、これも語ると長くなり
ますので、

簡単にいいますと、自分が生まれた日の五行で運勢を
鑑定する方法です。

ですから名づけと四柱推命の関係は、

姓名判断は名前の文字を五行に変換、

四柱推命は誕生日を五行に変換したもの
ということで、

名前の五行と誕生日の五行の関係が吉か凶かという
ところで判断いたします。

そして名づけと四柱推命のどちらが重要かといいます
ならどちらも重要ですから、

新生児のためには親としては、良い名づけをして
あげて、四柱推命で適性を調べてその子供にとって
一番よい方向に導いてあげることができれば最高です。

実際の鑑定はもう少し複雑なものですが、
ブログ用にわかりやすく説明すると
だいたい以上のような感じになります。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました