恋愛のチャンスをつかむために



あの人が忘れられない

誰でも職場やプライベートでなんとなく
いいなーと思う人に出会うことがあります。

例えばA子さんの場合

彼女はある大手のデパートに勤務することになりました。

そこで出会ったのがTさん

TさんはA子さんにとても親切に仕事を教えて
くれました。

熱心に教えてくれるTさんにA子さんはいつしか
恋愛感情を抱くようになりました。ドキドキ

会社に行ってTさんに会うのが楽しくて
しかたないのです。

やがてTさんとA子さんの仲は深まり
お互いの気持ちやプライベートのことまで
話せるようになっていました。パンダ

しかしA子さんはTさんにまだ告白を
することができません。

そうこうするうちにTさんはよその部署に転勤
してしまい、

とうとうA子さんは想いを打ちあける
ことができませんでした。汗

その後、A子さんもデパートを
退職したのですが

Tさんのことを、どうしても忘れることができません。むかっ

「先生、どうしたらよいでしょうか」

「うむ 二人の相性をみたが

問題ないからお付き合いしても大丈夫でしょう。

ただしあなたの方が運気が強いから彼に対して
主導権をにぎっていなさい」

「わたしの方が運がよいのですか」

「そうです。彼と同じ職場にいたとき

あなたから告白すればすんなりデートできたはずですよ」

「でも彼は転勤してしまいました。

連絡をとりたくても彼の連絡先がわかりません

前の職場に連絡しても個人情報なので
教えてくれないかもしれません。」

「そうだね。今の時代は個人情報保護法なんて

法律があるし会社も仕事に関係するから

おいそれとは教えてくれないだろうね。

でも彼を忘れられないくらい愛しているというなら、

だめもとで会社に連絡くらいしてもいいと思うよ。」

その後、彼女からは報告がないので、
彼と連絡をとることはできなかったのだろう。

やはり恋愛のチャンス、スタートのシグナルは
相手がいま目の前にいて気持ちが熱いうち、

つまりきっかけが、あった時に
すぐに鑑定を受けて見きわめるしかない。

昔からいうように「チャンスの女神に

後ろ髪ははえていない」のだから。

クローバークローバークローバー いて座